ちょっとおしゃれに「サルティンボッカ」   

ものすごく久しぶりの更新です。というか再開です^^;。

さて、今日は今夜の夕飯に作りました「サルティンボッカ(Saltin bocca)」です。
のSaltinは「飛び跳ねる」、boccaは「口」と言う意味で、「お口ではじけるおいしさ!」というお料理です。ネーミングからしておしゃれですよね。日本語で言うと「牛肉と生ハムのローマ風」だそうですが、やっぱりダサい^^;。ここでは牛肉を使いますが、他のレシピには豚や鶏もOKだそうです。場合によっては鯛なんていうのもありだとか。
ちなみに生ハムを燻製にしたものがハムですが、塩漬けにするとパンチェッタになるんだそうです。

a0091690_22523486.jpg


さて、作りましょう!
<材料と下ごしらえ(2人分)>
・牛肉(もも、ステーキ用) 30g×4枚
・生ハム 4枚
・フレッシュセージ(葉) 8枚

・オリーブオイル 大さじ2
・バター15g : 使う直前まで冷蔵庫で冷やしておきます
・白ワイン 75cc

*肉の下味用*
・しお、こしょう(ホワイトペッパー)
・薄力粉


<作り方>
①肉をラップ2枚で包みます。肉たたきで叩いて2~3mmの厚さにします。
   ↓
 片面に塩コショウ
   ↓
 塩コショウのついていないほうにセージ2枚を並べてのせる。
   ↓
 セージの上に生ハムをのせます(牛肉と生ハムでセージを挟む感じになりますね)
   ↓
 薄力粉を両面にまぶします(焼くときにはよく はたいてから)

②フライパンにオリーブオイル大さじ2いれてから 火をつけます
③生ハム側から焼きます。軽く抑えて。 弱~中火
④ひっくり返して牛肉側を焼いて、弾力がでたらOK
⑤白ワインを入れたら、すぐに肉を引き上げてお皿へ。
⑥フライパンでソースを作ります。フライパンの肉汁が焦げていたら、濾します。
 火を消して、まだ熱いところに冷たいバター15gをいれ、余熱で溶かしてとろみをつけます。
⑦ソースをお肉にかけて出来上がり!

ソースにはトマトソースもおいしいでしょうね^^b。

*生ハムに塩気があるので、牛肉に塩こしょうするときには、ちょっとかげんしてもいいかも。
*薄力粉を十分にはたいてから焼かないと、ぺちょっとしてしまうので注意。

牛肉をただステーキにするよりも、さっぱりやわらかく食べられます!
ぜひおためしあれー!!
[PR]

by alicesykitchen | 2008-01-28 22:54 | 洋食

<< 忙しいときにも簡単おいしい「き... 素早くできる「ビーフシチュー」 >>